臨床心理士の就職

臨床心理士が活躍する職場は、
保健・医療領域、教育領域、大学・研究所領域、
福祉領域、私設心理相談領域、産業・労働領域、
司法・法務・警察療育というように、様々な領域になっています。

ですが、勤務形態は必ずしも常勤とは限らず、
半数が非常勤で、非常勤の人の中には、
複数の職場を掛け持ちしている人もいます。

大学院修了直後、もしくは臨床心理士資格直後に、
常勤の職場に就職できる可能性は、とても少ない状況があります。

非常勤の場合は、社会保険や厚生年金に加入できず、
国民健康保険、国民年金に自分で加入します。

また、何年勤務をしても給料が上がらない、ボーナスがないなど、
現時点での臨床心理士の収入は厳しい現状となっています。

しかし、臨床心理士の仕事に対する理解や期待は、
年々高まっていて、
そのニーズも増えていることから、
社会の要請に応えることができるとするなら、
今後は、身分や収入面での改善も期待することができるでしょう。

臨床心理士の就職

臨床心理士の就職は、公的機関(児童相談所の職員など)は公募があります。

病院関係や大学の学生相談室では、「紹介」によることが多いです。

近年、注目を集めているスクールカウンセラーは、
各都道府県の教育委員会に各都道府県の臨床心理士会が
人選の協力をしていることもあるので、
資格取得後には、各地域の臨床心理士会に入会し、
情報を得るようにしてみましょう。

さらに、日本臨床心理士会のホームページ内の
会員専用ページにも、求人の掲示板があります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ