臨床心理士

臨床心理士とは、「心理職」の中でも、
文部科学省認可の財団法人である
日本臨床心理士資格認定協会(資格認定協会)が認定する
「臨床心理士」資格を取得している人のことです。

臨床心理士の資格制度は、1988年に創設されています。

そして、資格認定協会では、臨床心理士は毎年1500人強のペースで、
どんどん増加しています。

その一方で、臨床心理士の資格を取得せず、
心理職の仕事をしている人もいます。

心理職には国家資格がなく、臨床心理士の資格がなくても、
心理職として働くことは可能です。

しかし、臨床心理士の資格認定制度は定着しつつあり、
心理職の採用要件に臨床心理士資格をあげるところは急増しています。

結果、若い心理士ほど資格取得者の割合が高くなっていますし、
心理職全体の中で臨床心理士の占める割合も、高くなっています。

心理職とは

心理職とは、心理学(臨床心理学)を学問的な基盤として、
心理臨床を実践する専門職のことです。

もう少し分かりやすくいうと、心の問題を抱えている人や集団に対し、
臨床心理学の学問を基盤とし、
心理学的援助を行う専門職です。

心理職と名乗るためには、以下の2つの条件を満たすことが必要です。

・大学・大学院で心理学を学び、心理臨床に必要な専門的訓練を受けている。

・心理臨床を仕事として行っている。

ですから、たとえば、大学の心理学の教授であったとしても、
基礎心理学が専門で、心理臨床に携わっていない場合は、
「心理職」とは名乗りませんし、
「いのちの電話」の電話相談員のように、
臨床心理学の研修を受けたボランティアであったとしても、
専門職になるための専門的な教育や訓練を十分受けていない場合は、
「心理職」とはいいません。

また、看護師や教師、会社の労務担当者などで、
患者さんや生徒、社員等の心理面への理解を深めるための、
カウンセリング研修を受ける人も多いのですが、
このような場合も、「心理職」とは名乗りません。

ただし、精神科や診療内科医が、医師免許取得後に
心理臨床の専門的訓練を受けて心理療法を行っていると言うような場合は、医師でもあり、心理職でもあるといえます。

「心の問題に関わる仕事がしたい」となんとなく考えている人は、
「心理職」と名乗って仕事をしたいのか、
心理学的な素質を身につけて、仕事やボランティア活動に
役立てたいのかをまずはっきりさせ、
心理職と名乗りたいのであれば、専門的な教育を十分に受けることが必要です。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ